本文へスキップ

浮気調査110番は浮気や不倫の調査、離婚調停、離婚裁判などに関する情報サイトです。

浮気調査110番

自分で浮気や不倫の証拠収集evidence

浮気や不倫の証拠を自分で集める

自分で浮気や不倫の証拠収集

携帯電話・スマホからの証拠収集
@携帯電話・スマホの発着信履歴の確認。
A携帯電話・スマホの送受信のメールの内容の確認。
B携帯電話・スマホのメールの送受信履歴の確認。
C携帯電話・スマホ内の保存画像(マイピクチャ等)の確認。
D携帯電話・スマホのフリーメモの確認。
E携帯電話・スマホの画面メモの確認。
F携帯電話・スマホのブックマークの確認。
G携帯電話・スマホの電話帳の登録内容の確認。
H携帯電話の予測変換機能の確認。
Iスマホの無料通話アプリの履歴等の確認。
Jスマホのバックアップデータの確認。
KSNSなどでのメッセージ等の履歴の確認。
LSNSなどでの登録相手等の確認。
MSNSなどへの投稿写真や記事の確認。
NSNS内の参加コミュニティー(出会い関連のコミュニテイーの有無)の確認
Oインターネットの閲覧履歴の確認。
P携帯電話・スマホ等の各種メモリーカード(マイクロSD等)などの内容の確認。

パソコンからの証拠収集
@パソコンの送受信メールの内容の確認。
Aパソコンのメールのアドレス帳の確認。
Bパソコンのインターネットの閲覧履歴の確認。
Cパソコン内に保存されているメモ等の確認。
Dパソコン内の保存画像(マイピクチャ・マイドキュメント等)の確認。
Eパソコン内のデータ(フォルダ内等)の確認。
Fお気に入りやブックマークに登録されているサイトの確認。
GSNSなどの確認。(こちらをご参考になさって下さい → SNS)
Hインターネットで本人がよく利用するサイトの確認。(旅行予約サイトなどの利用状況の確認等)
Iフリーメール、Webメールの確認。

近年においては、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及が著しく、それらを通じての出会いやスマホやパソコンからの連絡の手段となっていることも多いと言えます。

SNSは、LINE、Facebook、mixi、Instagram、Mobage、GREE、Ameba、Google+、Miiverse、Pinterest、WeChatなど様々なSNSがあります。友人、知人、同僚などとのやりとりだけでなく、幼馴染や同級生との再会、元カノや元カレとの再会、色々な人と簡単につながれるので、出会い系サイトと同様な利用をする者も多く、そこから知り合って浮気に発展する例も少なくありませんので、自分で調べる浮気調査には、SNSのチェックもかかせないものです。浮気や不倫の相手とLINEで連絡を取り合っている者が近年ではかなり増加しています。LINEアプリ以外にもFacebook、mixiなどのSNSの利用者も多いと言えます。

Facebook、mixiに関しては、自身のプロフィールを登録する際に恋人の有無を記載する項目や既婚・未婚などを記載する項目などがありますので、それらが未婚であったり、恋人無しであったりしたら、浮気や不倫の可能性を疑ってみるのが良いかも知れません。また、友達として登録している者の中に親しくお付き合いをしている異性が登録されていたり、男女の出会いの場となるようなコミュニティに登録している場合なども注意が必要でしょう。

メールのやり取りからも浮気や不倫の発覚が多いです。もしそれらのメールを発見した場合には保存しておくのがいいでしょう。データをUSBメモリなどに保存したり、内容をプリントしたりするのが望ましいですが、それらが困難な場合にはデジカメ等で画面を撮影するなどの方法があります。(モニター等の画面の撮影は再生した画像が見えずらい事が多いので、その場でよく確認をして見えずらい場合には撮影する角度をずらしたりして撮影しましょう)

インターネットでどのようなサイトを閲覧していたのか?それはお気に入りに登録されているサイトやアドレスバーのオートコンプリートの表示などで最近見たサイトを確認することが出来ます。それらで出会い系のサイトの利用や興味を持っているサイトなどを調べることができます。旅行予約サイト、レンタカー予約サイト、各種切符等の予約サイトなどで今後の予約や過去の予約などが確認できる場合もあります。

車内からの証拠収集
@車両を頻繁に利用している場合には、日々の走行距離の確認。
A車内に残されたガソリンスタンド、有料道路、駐車場などのレシートや明細の確認。
B助手席のシート位置の確認。
C助手席や後部座席のヘッドレストやシート周りの髪の毛などの確認。
D車内の灰皿やゴミ箱の確認。
Eカーナビゲーションの履歴の確認。
F小物入れ内やトランク内等に不審な物が無いかどうかの確認。
GETCの利用履歴の確認。
H車内の残り香の確認。(帰宅後スグに車内を確認すると香水の残り香を感じる時があったりもします)
I車内に異性の忘れ物や落し物などが無いかどうかの確認。

助手席や後部座席周辺の確認については、あらかじめ粘着シートタイプのロールクリーナーやガムテープなどで念入りに清掃しておけば、情報を収集する際には、容易いと思われます。頻繁に車を利用している場合で、浮気や不倫の可能性がかなり高い場合には、必要に応じて長時間の録音が可能な小型のICレコーダー等をシート下やダッシュボードの下などにしっかりと固定して、車内の会話等(車内で携帯を使用する場合も多いので情報が得られる可能性は高いです)の情報収集を行うのも一つの手です。

持ち物からの証拠収集
@バッグの中身などを確認。注意する点といえば、メモ書きなどが入っていないかの確認と手帳やダイアリー類などの中に記載されている内容の確認。
A名刺入れ内の名刺にメモや携帯電話番号などの走り書きが無いかなどの確認。
B財布の中身の確認は、不審なメモやレシート類の確認と現金の使用状況の確認。
Cクレジットカードや消費者金融のカード類が増えていないかなどの確認。
Dクレジットカードの利用明細の確認。
E領収証やレシート類は、利用した施設名、電話番号、日時、利用(購入)内容、利用人数などが明記されている場合もあるので、内容を確認。
F避妊具等を隠し持っていた場合には、数量を確認。
Gバイアグラ等の薬を隠し持っていた場合にも数量を確認。
H電車・バス・地下鉄等の利用者で、ICカード乗車券を利用している場合には、乗車履歴を確認。ICカード乗車券は、自動券売機に差し込んで、印字を押せば、過去の日付、乗車駅、降車駅などの一覧が印字されます。
IA電車・バス・地下鉄等の利用者で、プリペイド式カード乗車券(磁気カード等)を利用している場合には、裏面の利用日時や乗降駅等を確認。ただし、カード乗車券の種類によっては、印字されていないものもあります。

証拠収集のお役に立つアイテムとして、デジカメ(コンパクトなものでも十分です)とICレコーダーなどはいざという時にもとても役に立つと言えます。ICレコーダーは、車内にそっと忍ばせたり、留守の時に家の中での様子を録音したりできます。ご主人との会話に関しては、もしも、浮気や不倫を認めるような発言をした時に時間が経過すると気が変わる場合が多く、後で言った言わないという問題を避けるためにも使えます。デジカメは様々な証拠品に向けてシャッターを押すだけで資料として残してくれますので便利です。ダイアリーやシステムノートなどの手帳や日記帳なども日時と共に些細な情報などでも気づいた時に簡単に記入して残しておけるので便利です。

証拠収集においては、慎重に実施しなければいけません。浮気や不倫の有無に限らず携帯やスマホの情報を知られた(中身を勝手に見た)と察知されるとそれだけで、本人があなたに対して嫌悪感を抱く事になり、全く浮気や不倫をしていなかった場合などは、その事が原因で大きな問題になる可能性も高いと言えます。

証拠収集に自信の無い方は、ご自分では無理をなさらずに探偵・興信所・調査会社などにご依頼をされる方が得策という事も考えられます。また、ある程度の証拠収集を自分で行ってから、探偵・興信所・調査会社をご利用になられるという方も数多くいらっしゃいます。



浮気調査110番のおすすめ
近畿調査業協会推奨の探偵・興信所・調査会社


大阪府興信所

【大阪】〒599-8271
大阪府堺市中区深井北町109-2-2F
TEL.072-278-9594

興信所 大阪

株式会社中央情報センター

【大阪】〒543-0071
大阪府大阪市天王寺区生玉前町1-26-5F
TEL.06-6776-6886

調査会社 大阪

【東京】〒153-0042
東京都目黒区青葉台3-5-6-204
TEL.0120-688-606

調査会社 東京

京都府興信所

【京都】〒801-0001
京都府京都市南区上鳥羽苗代町22-203
TEL.075-682-0070

興信所 京都